会の紹介

研究会とはこんな会です

実験病理組織技術研究会は、実験病理の組織標本作製を担う技術者のための国内唯一の組織です。

実験病理組織技術研究会

本会は1982年に実験動物病理組織標本作製技術懇話会を前身とし、1984年には関西でも同様の趣旨で発足、1992年に実験病理組織技術研究会「The Japanese Association of Histotechnology (JAH)」と改称して東西の懇話会が統合され、現在に至っています。実験病理標本作製技術者の卒後教育の一環として知識・技術の研鑽と資質及び地位の向上を図り、生物学、医学、薬学における実験病理学の学術的発展に寄与することを目的として活発な活動を展開しています。また、1996年より日本毒性病理学会の後援を得て実験病理組織技術認定士及び実験病理組織技術指導認定士の資格認定制度を導入しました。

会員は、医薬、農薬、化学薬品、食品などの企業、受託研究機関、医学部、農獣医学部および国立研究機関などに所属されています。また、賛助会員として企業からのご支援も頂いております。

年間活動としては、総会・学術集会、技術研修会(東京及び大阪会場)、コントロールサーベイ(CS)、実技講習会及び資格認定試験を行っておりますので、実験病理での組織標本作製技術に関わる情報収集或いは意見交換の場としてご活用頂ければ幸いです。

書籍

会誌・会報

リンク