第22回
実験病理組織技術認定士 資格認定試験実施要領

実験病理組織技術認定士資格認定試験は、実験病理組織技術研究会(日本毒性病理学会後援)が行う試験である

試験方針

実験病理組織技術認定士とは、前臨床試験に占める病理技術の意義を理解し、技術に熟達するのみならず、病理技術の理論を理解すると共に、新しい技術を正しく取り入れる能力を有するものである。また協調性を持ち、技術者として日常業務の運営能力を有するものである

試験方法

筆記試験及び実技試験

受験資格

会員歴 1) 参加数 2) 発表・論文数 3)
満3年 2回以上 1回以上
  1. 出願時に継続してJAHの会員であること(会費を完納していること)。
  2. JAHが主催または後援する総会・学術集会、技術研修会(関東・関西)に限る。これを証明する書類またはコピーが必要である。
  3. JAH主催の総会・学術集会、研修会の発表あるいは会誌への投稿のどちらか1回以上が必要(筆頭とする)。

試験範囲

会報第16-2号(38)、2017年2月20日発行を参照

病理技術全般

試験日

実施日:2017年9月9日(土) 受験者全員が筆記試験及び実技試験を行う

受験者が多数の場合の予備日:2017年9月8日(金)

試験会場

サクラファインテックジャパン㈱(東京都中央区日本橋浜町2-31-1 浜町センタービル)

筆記試験:サクラファインテックジャパン㈱
実技試験:サクラファインテックジャパン㈱ラボ・スクエア

願書および必要提出書類入手方法

  1. 申請資料(願書、受験申請書、取得点数表)はこちらよりダウンロードできます
    実験病理組織技術認定士受験資料

願書提出期限

2017年7月18日(火)~2017年7月28日(金)(必着)

提出書類

  1. 本会指定の受験申請書
  2. 取得点数表
  3. 写真2枚を必要とする(正面・上半身のパスポートサイズ:45×35mm)
    1枚を願書の所定の部位に糊付けする。残りの1枚の写真は、願書と共に同封すること
  4. 返信用封筒2枚
    (長形3号封筒に郵便番号、住所、氏名を記入し、92円切手を貼ること)

注:上記の書類は、個人単位で簡易書留郵便で送付のこと

提出先

〒103-0007
東京都中央区日本橋浜町1-2-2 フェザー安全剃刀㈱内
実験病理組織技術研究会 資格認定制度委員会事務局:座間正一

受験料および認定料

受験料:認定試験(筆記試験及び実技試験):3万円(提出された書類の審査後にご案内致します)

注:一度納入した受験料は返却しません

認定料:1万円(後日、試験合格者に書面で連絡)

試験日、試験会場などの詳細は願書、受験票及び受験料の振込み案内とともに受験者に通知する

その他,試験に関する問い合わせ先

〒103-0007
東京都中央区日本橋浜町1-2-2 フェザー安全剃刀㈱内
実験病理組織技術研究会 資格認定制度委員会事務局:座間正一
FAX 03‐3862‐8040

問い合わせはFAXでお願いします

書籍

会誌・会報

リンク